2010年9月21日火曜日

家相を気学で「方位さまさま 気学さまさま 開運したくない方はお読みにならないでください」

風水のカテゴリに入れちゃいかんと云われそう。
でも図書館では同じところにありましたし。

「方位さまさま 気学さまさま 開運したくない方はお読みにならないでください」
なんかインパクトのあるタイトルです。

この本には色々と、行動やらについての項もあるのですが、今興味があるのは家相のみなので、スルー。

まず、家相は磁北でみるらしいので、取り敢えず同じ家相盤でみてみます。


太極を求める
●いきなり、「玄関やポーチや出窓は考慮しなくてよい」っって、太極変更!

張りと欠け
●同じ1/3でみる。鬼門と裏鬼門の場合は違います。(どっちも張り欠け無いからいいけど)張り欠けは大凶!

トイレ
●東南、東が吉相。水洗式なら東南、東、未。表鬼門と裏鬼門、家の中心、神棚や仏壇の真上(2F)や隣は凶相。

絶対気をつけたい大凶相
1.鬼門に出入り口、水回り、車庫。(風呂、キッチン、トイレ含む)
2.家の中心に階段やトイレは凶。(マンションやアパートなどの場合は別の見方をする)
3.家の内部を二分する廊下や渡り廊下があるのは凶。廊下のつきあたりのトイレも凶。

うーーんっ
あんまり、今のマンションがどうかを見るには合った本じゃなかったみたいです。
注意として、本に書いて有るままに引っ越した相談者について驚くよりもあきれた、、とありますので、素人の私が読む本ではなかった模様。失礼しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿