2010年10月25日月曜日

願いが叶う秘法・風水「お水取り」 高嶋泉妙氏

願いが叶う秘法・風水「お水取り」

さて、時代の流れより遅れることしばし、お水取りなるところまでやってきました。

私の理解では、吉方位へよい時間に行って、そこに湧いているお水を飲む的な行為です。この本はなんと「お水取り」神社のガイド付き、なんです。

そこで私の候補に上がったのは、何しろ体もアレなんで近場の神社。(この本によると今年のチャンスは通り過ぎたんですけど、来年の為に)


p149-151
敢国神社 三重県伊賀市一之宮877
→健康長寿、医薬、交通安全など
建部大社 滋賀県大津市神領1-16-1
→病気治癒、厄除、火難除けなど
狭井神社 奈良県桜井市三輪
→傷病平癒、健康祈願など

特に第4章には丁寧に吉方位の算出の方法が書いてあり、ああ、そうやって求めているのかと、知ることができてなんだか嬉しくなりました。幸いこの本には来年のことが載っていませんので、自分で計算してみたいとおもいます。

八白土星の相生・相剋はp83の表から
大吉 9
中吉 6,7
吉 2,5,8
凶 1
大凶 3,4
だということです。

次に、p89から九星が動く順序は、数字の一つ数が多い方へ移動するとありますので、今年が八白土星ですから中宮は七赤金星です。
南 
六 二 四
東 五 七 九 西
一 三 八

こんな感じですか、雑ですが。次に凶方位を除きます。
1.五黄殺は五黄土星のいるところなので、東
2.暗剣殺は五黄殺の反対なので、西
3.本命殺は私の場合は八白土星のいるところなので、西北
4.本命的殺は本命殺の反対なので、南東
5.歳破は十二支が回っているところの反対なので、卯の反対酉は東
つまりここまでで、九紫火星のいる西、六白金星のいる南東、七赤金星は中宮、五黄土星の東、六白金星の南東はダメなので、吉方位は二黒土星のいる南のみとなりました。あるだけ嬉しい。
次に、月盤で大吉方を見つけ出す(p100)です。

まず、中宮の七赤金星が中宮する月は3,12月(p99の表)、その月の天道はp210,211より3月は南西、12月は南東につきます。注意する月破は3月が西、12月が南。というわけで、来年はすごいお水取りは出来ないということ、、か。

疲れたので、今日はここまでにします。なんだか頑張ったのに残念な感じ。

0 件のコメント:

コメントを投稿