2010年10月21日木曜日

膠原病の疑い

この1月右手親指に痛みを感じた。ちょっと筋を違えた様な痛みで重い物を持ち上げると痛む程度。
2月頃には、朝両手指が動かしにくく、グーが出来なくなった。
薬の副作用かと思い先生に相談、アキリデン錠1mgを1日3錠処方された。
それでも指の違和感は変わらず、次には左親指も痛む。右手は親指じゃなくなり中指付近が痛む。
更に足指も曲がりにくくなり、とうとうリウマチ科に行ってみた。
レントゲンやリウマチ因子は大丈夫だったけれど、嫌な結果になった。
ANA(antinuclear antibodies:抗核抗体)が320倍 H(高い)って書いてある。HOMO
精密検査を受けましょうと、リウマチ科から血液科へ変わることに。その後の検査で痛み止めなら処方できます。半年に一回定期検査を受けて下さい、と、そんなに悪い状態でもなさそうだし、薬はもう飲みたくないのでいいです。と答えた。
これが7月のこと。


その後右膝が痛くなり、片方だけなのでちょっと痛めたのかと放って置いたらもう3ヶ月、どんどん痛くなる。
今は正座もあぐらもダメ。脚はだるいし、左膝まで痛みだした。
9月には右腕全体が張って曲げにくくなった。ときどき肩の後ろから首にむけて痛む。
痛みはゆっくりと進行したけれど、7月は要りませんと云った痛み止めを処方してもらおうと、昨日血液検査に行った。診察は火曜日。次は結果が改善していて、肥満のせいですよ!とか云われたらいいな

大体の関節は動かないでいると、動かすときに痛む。
立ち上がる、起き上がる、などの痛みはよっこいしょ、なんてもんじゃない。
目眩とたちくらみも10月になって頻発。

ああ、でもやっと書けた。この検査結果は見るのが嫌でしまいこんでいた。

0 件のコメント:

コメントを投稿